BookDocがインドネシア最大の医療グループであるシロアム病院と業務提携

”BookDoc”はインドネシア最大のヘルスケアグループであり、24以上の病院を持つインドネシアのSiloam Hospitals  Groupと業務提携することを発表した。

BookDocは、2015年10月に設立されて以来、現在マレーシア、シンガポール、香港、タイの4つの国と、17の都市で運営されている医療サービスプラットフォームである。BookDocは、最終的に5番目の国として東南アジア最大規模市場のインドネシアに参入した。

BookDocは、マレーシアではNational Heart Center(IJN)、Sime Darby Healthcare、KPJ Healthcareなどの病院と提携している。シンガポールではNTUC、Thompson、Q&M Dentalと、香港ではAdventist Hospital、Quality Healthcare、Town Health、タイではバムルンラード病院、そしてインドネシアでは今回提携したインドネシア最大のヘルスケアプレイヤー、Siloam Hospitals Groupと提携する。

両当事者は、今回の提携によって大きな利益を得る。BookDocはインドネシアで最も評判の高い医療グループと提携することにより患者からの信頼という大きな利益を得て、Siloam Hospitals Groupはこの地域で拡大しているBookDocの患者ネットワークにアクセスが可能になる。

Siloam Hospitals Groupは、インドネシアで最も進歩的かつ画期的な医療サービスプロバイダーとして、500名以上の総合診療医からなる医療チーム、2,200名の専門医、9,000名の看護師や医療従事者が所属している。これらの医療従事者が、国際基準でも質の高い医療サービスを約200万人の患者に提供している。

インドネシアでの医療システムの課題は、”平等なアクセス”であることから、Siloam Hospitals Groupの事業戦略として、経済状況に沿って病院を低コストで運用している。そのため、Siloamはあらゆる社会経済的背景を持つ患者にも、手頃な価格で質の高い医療サービスを提供することを可能にし、インドネシア全土において平等な医療アクセスを実現していった。

BookDocの創設者兼CEOであるDato ‘Chevy Behは「今回の提携はインドネシアへの正式な参入を意味し、インドネシア最大の医療機関であるSiloam Hospitals Groupと協力する機会が与えられたことを光栄に思う。Hamanファミリーが昨年BookDocに投資して以来、我々は自社のビジネスモデルを適用し東南アジア最大の経済規模を持つインドネシアでビジネスを展開するためにビジネスパートナーを積極的に求めてきた」と述べた。Hamamファミリーは、BookDocの株主で、インドネシアで最高の資産家としてForbesでランクインされている。

SiloamのCFO Budi Legowoは、「SiloamはBookDocとの新しいパートナーシップを締結することに大変期待している。今回の提携により、我々は両社のプラットフォームを最大限に活用し、国内すべてのインドネシアン及び海外からの患者にトップクラスの医療アクセスを提供できるようになる。」と述べた。

 

BookDocについて

BookDocは、マレーシア、シンガポール、香港、タイ、インドネシアでビジネスを展開しており、医者と患者をオンラインでつなぐプラットフォームである。

BookDocは、医療観光目的のローカル及び海外の患者をつなぐオンラインエコシステムを確立した。このエコシステムにより、いつでもどこでもヘルスケアの専門家を検索して予約することができ、ナビゲーション(Google Map、Waze)、交通機関(Grab、Uber、AirAsia)、宿泊施設(Agoda and Airbnb)、おすすめレストラン&アトラクション(TripAdvisor)等、の予約もプラットフォーム上で可能だ。さらに活動レベルに基づいてユーザーにインセンティブを与えることにより、ユーザーの高い活動率を保っている。

参考: Link